乳がん

最近、日本中で話題となっている乳がん…

北斗晶さんも乳がん手術を受け、今厳しい闘病中ですよね…

本人の意志で病気について公表してくれたおかげで、多くの女性達が乳がん検診の予約を取っているそうです。

そして、多くの患者さんが今この時刻も・どこかで、必死に乳がんと戦っています!

乳がんについて、私が軽く言うことではありませんが…
1日も早く・1人でも多くの患者さんが、元気に回復することをお祈り致します(m_m)

ピルを長く服用すると、乳がんになる?

ピル

つい最近海外の新聞で、旦那さんのために12年間ピルを飲み続けた結果、乳がんになったという記事を読みましたが…

ピルと、乳がんの関係~

ピルは、妊娠を回避するための有効な避妊対策として、最近は日本でも利用者が増えています。

ピルの避妊方法として、女性ホルモンの分泌を増やし、卵胞ホルモンと黄体ホルモンをコントロールすることで、排卵・精子の子宮内侵入・受精卵の着床などを抑制します。

ここで分泌される女性ホルモンが、実は乳がんに悪い影響をもたらすのではないかと言われています…

乳がんは、ホルモン感受性腫瘍と言われ、ホルモンの働きが活発になると乳がんになったり、或はすでに乳がんにかかっている場合、がんの進行を促進させるのだそうですが…

果たして、それは本当なのでしょうか?

ピルと乳がんについての、最新研究~?

最新研究

最近の研究結果によると、ピルで乳がんになるようなことは、決してないそうです!

実際昔の医師の中にも、ピルを長く飲むと乳がんにかかりやすいと言ってる方もいますが…

特に、最近多く利用されている低用量ピルによって、乳がんになる可能性は極めて低いと言われています。

実際の研究内容によると、どんなに乳がんの発症率の高い(実の親姉妹に乳がん患者がいる)と言われる女性でも、低用量ピルを長く飲み続けたことで、乳がんのリスクが高くなることはないそうです!

まとめ~

まとめ

婦人科の医師によると、『ピルを飲むと乳がんになる』というのは、ただの噂です!

ピルは、乳がん患者のいる家族歴に関係なく、全く別問題だそうです。

家族に乳がん患者がいる場合、ピルの服用とは全く関係なく、乳がんになる可能性が多少はあると言われています…

ただし、毎年の定期健診で早期発見・早期治療を試みることで、乳がんになる可能性を確実に減らせるので、今からでも定期検診を心がけましょう!

一方、ピルには生理不順や生理痛・生理過多症・ニキビ肌などを改善する働きがあり、美肌効果のためにピルを飲んでいる女性もいるそうです。