セクシー

オーガズムって、感じたことありますか~

まだ、オーガズムに達したことがない
イクという気持ちが分からない…という、女性も大勢います。

どうすれば、オーガズムに達することができるのか?

いろいろ疑問は多いですが、
中々、周りに聞いたり・知識なしで自分で研究?することもできないですよね…

ここでは、女性のオーガズムと・オーガズムの達し方などについて、簡単に紹介したいと思います。

まず、オーガズム(オルガスムス)とは?

オーガズムとは

オーガズムとは、
セックスやオナニーなどで、
女性のクリトリス・或はGスポットに性的刺激を与えることで、達する性的絶頂・つまり強い快感を得ることを言い、通常イクとも表現します。

体の状態的には、
性的興奮により、全身の骨格筋及び骨盤周りの筋肉が収縮・呼吸が荒く・心悸亢進状態に陥り、オーガズムが終わるとこれらの状態が徐々に緩んできます。

オーガズムに達した時の、女性器の変化~

女性器変化

女性のオーガズムは、
自分でしか感じられないと思いがちですが…
実は、様々な体の変化があります。

中でも、
分かりやすいのが、女性器の変化です…

クリトリスの変化

性的興奮が高まり、
体全体が感じるようになると、
まずクリトリスが、男性器のようにピーンと勃起します。

しかし、
クリトリスの大きさは、人それぞれで
特に大きい人以外は、あまり気づかない場合が多いようです。

外陰部の変化

性的興奮が高まることで、
女性器の小陰唇・大陰唇が充血し・赤紫?っぽい色になり、興奮状態によってふんわりorパンパンに膨らんできます(/ω\)

オナニーで興奮が高まった時に、
自分の手で触ってみると、分かりやすいです(´▽`)

膣内の変化

性的興奮が絶頂に達すると、
膣内の筋肉が収縮・痙攣をおこし、膣内全体が狭く・きつくなり、ちょっとした刺激でも敏感になります。

他にも、
体質や興奮度によって、
様々な現象が起こりやすいと言われています。

オーガズムに達した時の、体の変化

体

女性がオーガズムに達すると、
性器だけでなく、体全体にも変化があります…

・呼吸が荒くなる
・脈うちが激しくなる
・血圧が上昇する
・意識がもうろうとする
などの現象が見られますが…

他にも、
知らず知らずが出たり、性器やお尻周り・お腹部分の筋肉収縮による痙攣で腰が浮いたり、体質によっては潮を吹いたり…実にそれぞれ違う反応が起こると言われています。

しかし、
これらの現象は、オーガズムに達する直前と達した最中に起こり、オーガズムが終わると女性器及び体は、徐々に元の状態に戻ります。

オーガズムに、達するためには?

セクシーカップル

専門家によると、
オーガズムは、誰でも感じることができるそうです。

ただ、
オーガズムを感じるまでの、経験が足りないだけなのです!

セックスだけでなく、
オナニーでも良いのですが、なるべく自分の性感帯を良く知り・繰り返し鍛えることで、オーガズムに達しやすい体になれると言われています。

最も簡単なオーガズムの達し方と言えば、クリトリスへの刺激です。

やさしく・ソフトな感じで
ただ・ひたすらクリトリスを刺激するだけです(/ω\)

もしも痛かったり、違和感ある時は
潤滑ジェリーなどを使うのも、良いアイデアです(*´▽`*)

最初は、中々イクまで難しいですが
繰り返すことで、必ずオーガズムに達することができるので、焦らず・余裕を持って・リラックスして鍛えてみましょう♪