ワキガ
夏の大きな悩みである、ワキガ。
いつからか・突然自分のワキガに気づき、悩む人も。

特に、思春期の学生や女性なら、なおさらです…
周りにバレたくないし・治療法も良く分からなく、結果1人で悩む…

では、ワキガの原因と改善方法について紹介していきたいと思います。

*ワキガとは?
皮膚のアポクリン腺から汗が分泌され、
それが原因で発する強い臭いのことで、腋臭症(えきしゅうしょう)とも言われ、病気として扱われます。

ワキガは、女性がなりやすい!

通常男性の方がワキガのイメージが強いですが…
実は女性の方がワキガ発症率が高いと言われ、実際病院で治療を受けるのも9割以上が女性だそうです。
女性が多い

ワキガの確率は男性が40%で、女性が60%!その原因は?

●体質が違う
アポクリン汗腺は、女性の方が男性より多く、
分泌されている汗だけでなく・その他の女性ホルモンによって、ワキガになる確率が高くなると言われています。

●皮下脂肪が多い
男性より女性の方が皮下脂肪が多く、皮脂の分泌が活発になるのも一つの原因と考えられます。

ただ、普段の生活で女性より男性のワキガが目立つのは、清潔感によると思います。
女性は男性より、小まめに汗を拭いたり・制汗剤などで汗の分泌を抑えたりして、臭いに気を付けてることが多いからです。

ワキガの原因と、なりやすい人とは?

原因
先ほども記載したように、ワキガは病気です。

脇の下にはたくさんのアポクリンと言う汗腺があり、そこから汗が分泌されます。
分泌されたばかりの汗そのものは、全く臭わないそうです!

しかし、分泌された瞬間に空気に触れ、更に皮膚の雑菌の活発化によって、嫌な臭いに変化するのです。

では、どんな人がワキガになりやすいの?

同じ家で生まれ・全く同じ環境で育っても、体質によってワキガになりやすい人がいます。
なりやすい
●遺伝によるもの
これは知ってる人も多いと思いますが、ワキガの大きな原因の一つは遺伝によるもの。
親の1人がワキガを持っている場合子供は50%、
親両方ともワキガを持ってる場合子供は75~80%の確率で、ワキガになると言われています。

とは言っても、
はっきりした証明データはないので、その確率には個人差があるそうです。

●ストレス、緊張、あがり症によるもの
1.ストレスを溜めやすい人
2.緊張しやすい人
3.あがり症の人
身体が緊張状態に陥ることでホルモンが分泌、それによってアポクリン腺が刺激され・活発になりやすいと言われています。

花粉症もそうですが、人間の体質は急激に変わる場合があります。
ワキガがない人でも、普段から過剰なストレスを溜め込まないように気を付けることをおススメします!

●ホルモンバランスによるもの
ここで言うのは、女性ホルモンのことです。
女性は生理周期や妊娠・出産などによって、ホルモンバランスが変わります。

そのホルモンのせいで、ワキガが臭ったり・より強くなったりもするし、
逆に女性ホルモンの分泌が少ない思春期まではワキガになりにくいとも言われています。

ワキガの、改善方法!

体質や個人差・ワキガの程度によって、その改善方法も変わってきます。
改善
●腋毛処理
腋毛自体が脇をムレやすくさせ・雑菌の繁殖を活発にさせる原因となるので、定期的に脇毛を処理することをおススメします!

後は、雑菌が繁殖しないよう制汗剤やクリーム・アルコール消毒などでケアするだけで、軽度のワキガが改善できると言われています。

●脇下の肌を清潔に
腋毛処理を行ったら、清潔を保つことが大事です。
汗を小まめに拭いたり・シャワーやお風呂は毎日欠かさない!
汗の成分を拭き取らず、そのままにしておくと雑菌が毛穴に侵入・繁殖しやすく、ワキガの原因となります。

●手術
ワキガを、確実に治す方法です!
手術と言っても、メスで切らない方法もあるので怖がる必要はありません。
わきがを専門に扱っているクリニックがお勧めです。

ワキガの程度によって、
注射やアポクリン腺を固めるなど簡単な治療法があるので、最近は利用する女性も増えているそうです。