現代人の日常が忙しいせいか、
最近は、妊娠がうまくできないという女性の悩みを多く聞きます…

不妊症とは?

不妊症
一般的に、避妊処置なしで2年経過しても、子供ができなければ不妊症と診断されるそうです。

しかし、
専門かによると、不妊症は病気ではなく「症候群」と呼ぶそうです!
「症候群」とは、病気や原因などとは関係なく、理由がなくても症状が起こる人のことを言うそうです。

簡単に言うと、
どんな病気・原因・理由に関わらず、妊娠希望で一定期間性生活を行っていても、妊娠できない症状を「不妊症」と言います。

不妊症の、症状?

あくまで日本の場合ですが、
10組のカップルに1組の割合で、不妊症と診断されるそうです…

不妊症と判断する期間は2年以上で、
結婚・妊活をして1年経っても、妊娠できない場合は不妊症の検査や治療が勧められると言われます。

不妊症の、原因~

原因
不妊症の原因は様々で、中には原因不明なことも多いと言われています。

主には、妊娠過程での段階で、夫婦どちらかで何らかの障害が生じたと考えられます。

例えば、
排卵障害・ピックアップ障害・受精障害・卵管障害・着床障害・子宮因子・頸管因子・男性因子…などなど。
他にも、受精卵自体は正常だけど、染色体異常などの原因で、その卵の質が低く胎児にまで変身できない場合もあるそうです。

不妊症と診断されると、
女性は大体自分の身体が悪いとか・原因は何かとかいろいろ考え・悩むことが多いですが…

医者が言うには、
不妊症と診断されても、検査結果が正常だったり・両方体の異常も見つからなかったりする場合も多く、現在の医学ではまだ解明できないそうです…

不妊症の、治療~

治療
最近は、東尾理子や大島美幸など、厳しい不妊治療を続け妊娠・出産に成功してる芸能人も話題となっています…

病院に行けばもちろん、様々な不妊治療法があります。
例えば、
●人工授精治療法
●排卵日を推定して、性交渉を行うタイミング治療法
●卵管性不妊・男性不妊・免疫性不妊を対象に、卵子を採取し培養液中で受精させ、その受精卵を子宮内に移植するという体外受精の、補助性移植治療法

妊娠しやすい体の、作り方~

病院で治療する前に、結婚したらまず自分で妊娠しやすい体を作るために、体質を改善するのも良い方法だと医者は言います。
生活習慣

正しい生活習慣を、身につける!

妊娠しやすい体を作るための第一歩となる、日々の生活習慣が大事です!

●栄養バランスのよい食生活で、健康な卵子と精子を作る!
妊娠力を高める、食事法~
1.脂肪酸(トランス)の、摂取を避ける
2.糖分の多い飲み物は、避ける!
3.不飽和脂肪酸の、摂取を増やす(オリーブオイル、キャノーラオイルなど)
4.豆やナッツなどの、植物性タンパク質を摂る
5.炭水化物を摂る
6.乳製品を摂る
7.葉酸やビタミンB群を摂る
8.野菜・果物・サプリで、鉄分を摂る
9.標準体重を維持する

●適正な睡眠時間を確保し、リズム感のある生活を送る
●適度な運動で、ホルモンや自律神経を整える
妊娠率

性生活を見直し、妊娠の可能性を高める!

●生理と排卵日を推定・基礎体温を付けることで、妊娠しやすいタイミングを狙う
●妊娠しやすい期間中にセックスの回数を増やし、妊娠の可能性を高める
●自然の盛り上がりを優先した方が、リラックス効果もあって、より妊娠率が高くなる

赤ちゃんに良い影響のある、サプリメントを補充する!

いくらバランスよい食生活をしたとしても、全ての栄養が摂れてるとは限りません。

 

日々の食生活で摂りにくい栄養素は、葉酸サプリを使って気軽に摂りましょう~
ただ、選ぶ時は必ず品質の安全な物を選びましょう。

ストレスを、うまく解消する!

妊活をしてるにも関わらず、中々妊娠できないとストレスを感じる人も多くいます…

しかし、
ストレスは、不妊治療の大敵とも言われます…

不妊症や治療について十分に理解し、難しいかも知れませんが、なるべくストレスを溜めない・好きなことをしてストレスを和らげるようにするのが大事だそうです!