セックス後の尿意
セックスの後・或はセックスの真っ最中・挿入されている時など、異常にトイレに行きたくなったことありませんか?

中には尿意が我慢できず、セックスを中断してトイレに行くものの、尿はあまり出ないことが多かったり…
セックスの最中におしっこを出すことを、俗に言う「潮吹」と言います。

多かれ少なかれ、刺激によっては、誰でも尿意を感じる事はあります。
ただ、膀胱炎の可能性もありますので、症状が当てはまるかを確認しましょう!

膀胱炎とは?

膀胱炎?
主には大腸から膀胱内に、ばい菌が入り・増殖して炎症を起こす細菌感染症で、男性よりも女性の方が感染率が高く、急性膀胱炎は10代後半~30代の女性に多いと言われています。

なぜ、女性の方が感染しやすいの?

男性と違って女性の尿道はとても短く、しかも尿道口は膣口からわずか1cmもない距離にあり、膣口やその周りのばい菌が尿道に入りやすくなっています…

セックスが、原因の場合~

セックスで、尿道からばい菌が入り尿道炎や膀胱炎に、なることはとても多いです。

指や男性器・口・唾液などにも細菌は存在し、セックスの時に膣口から挿入するとしても、その周りについていた細菌が尿道に入ってしまう可能性は非常に高いのです。

なので、セックスの後、膀胱炎になる女性は多いと言われています。

膀胱炎の、症状~

症状
頻尿
おしっこしたばかりなのに、またすぐトイレに行きたくなり、行っても尿はあまり出ない
頻度としては、1日10回以上トイレに行く場合が多い

残尿感
おしっこの後もスッキリせず、尿が残っている感じ

痛み
おしっこの時・特に終わりの頃、キューっとするような痛みを感じる

尿の色
尿に血が混じってたり、白く濁ってたりすることがある

男性器を挿入すると、おしっこしたくなる

●セックスが終わった後・又は2,3日後、異常な尿意を感じる

注意すべき、症状!

●もしも、コンドームを使わずに膀胱炎の症状が出た場合は、性感染症の可能性があります。

膀胱炎を治した後、何回も繰り返すようだったら、淋菌やクラミジアなどの性感染症が疑われるので、すぐに産婦人科に受診することをおススメします。

●他にも、カンジダ菌の場合膀胱炎の症状が出るので、痒みを伴うようなら産婦人科で検査を受けた方が良いかも知れません。

セックスで、膀胱炎にならないためには?

予防
尿道口は膣口に近く、目で確認できないくらいの小さい割れ目?になってるので、自分の尿道口がどこにあるか分からない女性は大勢います。

もちろん、男性も女性の尿道口の場所が、分からない人は多いと思います…
よって、セックスの時に気づかず舌や指で尿道口を刺激してしまい、ばい菌が入ることも多いそうです。

セックスで、膀胱炎にならないための予防法~

●まず、セックスの前は男性も女性も、シャワーなどできれいに洗い、清潔にしましょう!

自分はもちろん、相手の手や口なども清潔にしてもらうことが大事です!

とは言っても、急な場合や環境によってシャワーがない場合もあるので、そう言う時の女性は膣内洗浄用のインクリアで、臭いもばい菌も洗い流しましょう~

●避妊のためだけでなく、細菌や性感染症を防ぐためにも、コンドームを使いましょう!

●膀胱炎は雑菌だけでなく、性感染症が原因の場合もあるので、同じ症状が繰り返す時は産婦人科で、クラミジアや淋菌などの性感染症の検査を受けましょう!

●セックスが終わった後は、必ずトイレに行くようにしましょう!
排尿することで、例え何らかのばい菌が尿道に入ったとしても、尿と一緒に排出するようにします。

いかがでしたか~
少しでも、似た症状がある場合は、焦らずに病院に受診することが一番早く治す近道だと思います^^