女性のオナニー
女性の約80%が、18歳までにオナニーを経験していると言われています。

それくらいオナニーは多くの女性が経験する普通のことであって、恥かしとか・いやらしいとか・はしたないとか…
1人で悩んでる人も、不安にならなくて大丈夫です^^

オナニーとは?

漢字で「自慰」と書いて、自分を慰める行為を言います。

自分の手や器具などを使って、自分の性器を刺激することで、性的快感を得ます。

オナニーの、他の言い方~

英語ではマスターベーションと言いますが、日本では幕末時代は「手淫」、明治初期は「自涜」と呼ばれたそうです。

しかし、「自涜」は悪いイメージだったため、1922年から自分を慰める「自慰」と呼ぶようになったそうです…

最近は「オナる」、「抜く」、「シコる」、「ひとりエッチ」などと、表現しています。

オナニーの、やり方~

やり方
自分の性器(主にクリトリス、膣口)や乳房・乳首・肛門などを、指やバイブレーションを使って刺激します。

男性との、違い~

基本的に女性は、生理的な欲情がないと言われています。
外部からの何らかの要因によって、脳を興奮状態にさせることで感じるようになるそうです。

例えば「好きな男性に抱きしめられる」、「好きな彼とのセックス行為」などはイメージしますが、男性みたいにAVのシーンを想像したりすることは少ないのです。

オナニーがもたらす、心理的な影響~

自分の指を汚しながら行うオナニーは、人間の本能を確認する行為でもあり、心理学的には自我の形成に重要な役割を果たすと言われています。

オナニーをすることで、うつ病の症状がやわらぎ、自尊心が高まる効果があるそうです。

性的快楽を自分で習得することで、セックスの練習にもなり、相手の性的快楽についても理解することとなります。
心理的影響

オナニーが、体へもたらす影響~

●よくオナニーやセックスをたくさんすると、性器が黒くなると言いますが、そもそも摩擦によって性器が黒ずむことはないそうです。

ただ、やり方や頻度によっては、小陰唇が多少伸びることはあると言われていますが、変形まではいかないそうです。

●日本人は黄色い人種で、皮膚には黒色色素が含まれているため、黒ずみが起こりやすいと言われ、性器の色素沈着は加齢や遺伝的なもので、皮膚の収縮が多い小陰唇は色が濃く、大陰唇はそれよりは薄いです。

●また、元々体内に持っているメラニン色素の量によっても、黒くなる程度に個人差が出ます。

よく思春期に、急に色が濃くなるとオナニーを疑いがちですが、ほとんど関係ないのでご安心を^^

最近は美容整形で黒ずみを薄くする処置もありますが、加齢による色素沈着は自然現象で、セックスやオナニーのやりすぎとは全く関係ないので、不安になる必要はありません。

●あと、オナニーとセックスは血圧を下げる効果があると言われています。
最近オナニーをした人は、してない人に比べ血圧が低かったことが調査で分かっています。

オナニーの、良い影響~

良い影響
●女性は性的刺激を与えると、膣内の酸性度が高まるので、細菌の侵入を防げます♪

●女性ホルモンの分泌量が増えるので、バストアップ効果や美肌効果が期待されます♪

ストレス解消にも効果があるそうです。

ただし!
虚しい・寂しいなどの心理的要因で、オナニーをすると上記のような良い効果は得られないそうです。

オナニーの、悪い影響~

刺激を求めすぎるオナニーは体への負担が大きく、若い人でも心臓麻痺や心筋梗塞などによる、突然死の危険性があるので、気を付けましょう!

●性器に直接触るので、細菌に感染する可能性が高く、指や器具などを常に清潔に保つことが大事です!

性器の清潔さが気になる人は、性器をキレイに洗いながら臭い・黒ずみケアにもなるジャムウ石けんや膣内専用の洗浄液「インクリア」を使って、徹底的に清潔にしましょう~

インクリア
⇒室内を綺麗に臭い対策。安心の医薬品。インクリア