食事でデリケートゾーンの臭いが変わる

お酒や脂に注意

食べた物が体臭になる。
これは本当です。

食べ物は体内で分解され、吸収されます。
それが元で臭い成分が作られるため、食べ物が変われば体臭や排泄物の臭いが変わるのです。
もちろん、女性器の臭いも例外ではありません。

食べ物に気をつけると言うことは、美容と健康に良いだけでなく、臭い対策にもなるのです。

食事面を大きく改善して臭いも改善

デリケートゾーンは蒸れやすく臭いも気になるので、香りつきのデイリーケアできるナプキンを使用するなど、色々と対策をしています。

アラフォー世代になってから特に蒸れやすくなったように感じ、職場内も空調が効いていますし、夏場の暑さなどで体もかなりストレスを感じるようになりました。

普段からの食事は、脂っこいものなど多いのでもう少しバランスが整った食事をした方が良いなと感じるようになりました。

デリケートゾーンが蒸れると臭いがけっこうきつくなるので、まめに香りつきのナプキンを交換するようにしていますが、やはりそれでも臭いは気になるので、石鹸も臭いケアできるものを使い、そして食事も野菜・ミネラル分豊富な海藻類・魚などをメインに使った料理をするようにして食事面も大きく変えることにしました。
そうしたことで、だいぶ臭いも軽減したように感じます。

脂っこい物を中心に食べたりお酒も好きなのでけっこう飲んでいますが、やはりミネラル分や海藻類など必要な栄養バランスを考えて料理していかないと、かなりデリケートゾーンの臭いに影響があるのを体感しました。
これは「食事のことも考えないと色々と臭いに影響がでるな~」と体感したので、食事面を大きく改善したことで、半年かかってやっとデリケートゾーンの臭いがだいぶ柔らいできたのを体感できるようになりました。

そうしたことで、普段の生活の中でも臭いケア対策をするようになり、効果を実感しています。

臭いケアは誤魔化すより消す

臭いを誤魔化すために香り付きナプキンを使う方もいますが、これは要注意!
オリモノの臭いとナプキンの臭いが混じって異臭に感じる場合もあります。
同様に香水等を使う方も要注意です!
「良い香り」と思っているのは自分だけで香害になっているかもしれませんよ!

理想は、無臭になること。
なので、ニオイは誤魔化さずに消す!
そのためには洗浄!
そして、食事の改善!

一概に、脂っぽい食事やお酒は臭います。
飲み会の翌朝、口臭や体臭に驚いた経験はありませんか?
膣も食べ物の影響を受けるため、例外ではありません。

臭いが気になる方は、一度食生活を見直してみましょう。