ミニスカ

デリケートゾーンの臭いで悩んでいませんか?
自分の洗い方に自信ありますか?

気温が上がり暑くなってくると、どうしても気になってしまうのがデリケートゾーンの臭い…
ふとした瞬間にふわっと臭いがして、周りに気づかれないか不安になります。

しかし、そんなデリケートゾーンの臭いの原因についてご存知ですか?

もちろん、おりものやムレ・生理・病気などで雑菌が繁殖しクサい臭いを出すこともありますが…
中には、単純に洗い方を間違えて臭いがクサくなる場合もあります。

実は、女性の8割以上はデリケートゾーンの正しい洗い方について知らないというデータもあります。

デリケートゾーンの洗い方を間違えると、とんでもなくクサくなる
また、お風呂やトイレの後、濡れたまま放置してしまうとおりものや尿液などが酸化してクサくなる

そこで、今回は気になるデリケートゾーンの正しい洗い方について紹介したいと思います。

デリケートゾーンの正しい洗い方とは?

セクシー

女性のデリケートゾーンはとても複雑な構造になっていて洗いにくいため、汚れや雑菌などがたまりやすくなりがちです。

しかし、ちゃんと正しい洗い方をすれば汚れや雑菌をキレイに洗い落として、クサい臭いも軽減できます。

正しい洗い方

●前から後ろに向かって洗い流す
ぬるま湯のシャワーを使って、基本は前→後ろの方向に向かった、こすりすぎない程度でやさしく洗います。
洗う時、大陰唇や小陰唇・ひだとひだの間に詰まっている汚れやまんカスをキレイに洗い流す必要があります。
最後は、洗い落した汚れが膣内に入らないよう気を付けながら、同じく前から後ろに向かってシャワーで流します。

この時お湯を使うと、粘膜と同じくらい敏感な陰部の肌が乾燥しやすくなるので、なるべくぬるま湯で洗うことをおススメします。

●デリケートゾーン専用の石けんを使う
石けんやボディソープでデリケートゾーンを洗う人もいますが、実は通常の石けんは弱酸性ではないため、洗えば洗うほど膣内の酸性バランスを崩し、クサい臭いの元を作ります。

なので、デリケートゾーンを洗う時は、必ずデリケートゾーン専用の弱酸性石けんを使って、しっかり泡立ててやさしく洗い流すようにしましょう!

●最後はしっかりゆすいで、乾かす
複雑な構造で石けんなどがひだの間に残る可能性もあるので、体を洗ってでる前にもう一度ぬるま湯でキレイにゆすぎます。

お風呂から上がった後は、お水がひだの間にたまったまま蒸れるのを防ぐため、トイレットペーパーや清潔なタオルでキレイに拭き取って、なるべく乾いた状態にします。

お水がキレイに拭き取れず濡れたままだと、蒸れるのはもちろん後から分泌されるおりものや汗と混ざって酸化すると、クサい臭いに変化する可能性があるので、必ずキレイに拭き取るか・乾かすことをおススメします。

洗いすぎは逆効果!

臭いが気になればなるほど、もっとキレイに洗いたいと思いついゴシゴシ洗ったり、頻繁に洗ったりする女性もいますが、これは逆効果なので今すぐ止めましょう!

デリケートゾーンを洗いすぎると、膣内を守ってくれる善玉菌まで洗い流してしまうため、膣内の酸性バランスが崩れます。

酸性バランスが崩れると、悪玉菌が増えて雑菌繁殖を促し、クサい臭いを作ってしまいます。

膣内は洗いすぎなくても、中に存在する善玉菌と悪玉菌の正常なバランスで自浄洗浄作用を行うことができるので、無駄に洗いすぎるのはNGです!

クリトリスの正しい洗い方

シャワー

複雑な構造になっているデリケートゾーンをキレイに洗い流すだけでは、臭いは軽減しません。

ひだや大小陰唇だけでなく、クリトリスの洗い方もとても重要なのです!

実は、多くの女性はこのクリトリスの洗い方が分からないだけでなく、クリトリスを洗うこと自体知らないという女性もいます…

クリトリスは、薄い皮に包まれているため、ひだの間と同じくたくさんのまんカスや汚れが詰まりやすくなります。

このクリトリスを洗わないで、いくら他の部分をキレイに洗ったとしてもクサい臭いは永遠に消えません。

汚れがたまりすぎると、クリトリス周りの皮が腫れたり・かゆくなったりして様々なトラブルの原因にもなるので、必ずキレイに洗うようにしましょう!

クリトリスの正しい洗い方

・まず、クリトリスの皮をそっとむく(中に白いまんカスが詰まっているはず)

・片手で皮をむいたまま、もう一つの手でその白いまんカスをキレイに取り除くように、やさしく洗い流す
(もし違和感や痛みを感じる場合は、やわらかい綿棒などで白いまんカスをやさしく拭き取る)

・白いまんカスが全部取れたら、最後にシャワーでやさしくゆすぐ

もちろん、通常の石けんやボディソープはおススメしません!

なるべく石けんを使わないで、ぬるま湯だけで洗うことをおススメしますが…
どうしても臭いがきつく、よりキレイに洗いたい場合は、デリケートゾーン専用の弱酸性石けん(ジャムウ石鹸等)を泡立ててクリトリスを包むようにやさしく洗い、石けんが残らないようキレイに流しましょう!

ジャムウ石鹸公式サイト

また、クリトリスはとても敏感な部分なので、ゴシゴシ洗いすぎると荒れたり・かぶれたり、場合によっては興奮したりすることもあるので、十分気を付けながらそーっとやさしく洗いましょう(*’▽’)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今ままであまり気にしなかった方も・初めての方も、今からでも遅くないのでぜひデリケートゾーンの洗い方を見直してみませんか~

デリケートゾーンを正しく洗うことで、様々な肌トラブルや・嫌な臭い・性病なども防ぐことができるので、ぜひ試してみて下さい(*’▽’)