におい

デリケートゾーンの臭いで、悩んでいませんか?
彼にクサいと言われショックを受けていませんか?

いつもキレイに清潔に保っているつもりなのに、なぜかデリケートゾーンがクサく悩んでいる女性がいるようです。

女性のデリケートゾーンの臭いは、様々な要素の影響を受けやすいです。

・女性ホルモンの変化
・ストレス
・体質
・性病
・食生活…

いくつかの原因は知っている方も多いかと思いますが…
最後の食生活については、実際知らなかったという女性も多いです。

普段からキレイに洗い、清潔なデリケートゾーン環境を守っているにも関わらず、臭いが気になる時は食生活が大きな原因になる場合があります。

では、どんな食べ物がデリケートゾーンの臭いをクサくするのでしょうか?
避けなければならない食べ物はある?

さっそく紹介したいと思います。

ネギやタマネギを食べるとデリケートゾーンは臭くなる?

ネギやタマネギを食べると、あそこは臭くなります!

香味材料として使われるネギやタマネギ・ニンニクなどには、アリシンという成分が含まれています。

このアリシンは強烈なにおい成分で、体内に吸収されても臭いが溶けず汗や尿などと一緒に排出されるため、臭いまま皮膚に付着するのです。

つまり、生の状態で臭いがきつい物はニオイ成分が強く、食べると腸内環境を乱すので口や尿・オナラ・便などに混ざって排出されクサい臭いを放ちます。

簡単にいえば、口臭になりやすい食べ物は、あそこも臭くするということです。

他にも避けた方が良い食べ物はある?

あそこの臭いをクサくする食べ物は、ネギやニンニク類以外にもたくさんあります。

・肉類
・動物性タンパク質
・ニラ
・アルコール
・魚介類
・カニやエビなどの甲殻類
・チーズなどの乳製品や、発酵食品
・糖分を多く含む食べ物…

これらの食べ物はあそこだけでなく・口臭や体臭まで強くする可能性が高く、食べ過ぎると腸内の悪玉菌が増えたり・体のにおい成分が増えたりします。

中でも、女性のあそこは通気性が悪く湿っぽいので、臭いがとばずこもりやすいので特に臭くなります。

タバコを吸う人も、あそこが臭い?

タバコを吸う人は、吸わない人に比べ口臭やあそこの臭いが強いと言われています。

それは、タバコに含まれているノネナール成分による、脂肪酸化作用が原因です。
その成分が肺から入り全身の血管をめぐることで、体内の脂肪が酸化し細胞がさびてしまいます。
そして、体に良い細胞がさびることで、細菌の繁殖が促進されおりものが増えるので、当然あそこの臭いも強くなります。

つまり、タバコを吸うことで、膣内の乳酸菌バランスが崩れ、おりものが増えて臭くなります。

食生活で、まんこの臭いは改善できる?

カップル

普段の食生活を改善することで、あそこの嫌な臭いを改善することは可能です。

では、どんな食べ物を食べればあそこの臭いが改善するのでしょうか?

抗酸化作用の高い食べ物

・いちごや桃などの果物
・緑茶などのポリフェノールを多く含む飲み物

以上の食べ物には、抗酸化作用を高める成分が含まれており、積極的に摂取することで体内の活性酸素を除去し細胞の働きを正常にします。

におい成分は体内の健康な細胞を傷つけ・さびさせることで、腸内や・膣内の乳酸菌バランスを乱し、あそこを含む体臭を強くします。

これらを防ぐためには、抗酸化作用をもつ成分で体内の細胞を守って、あそこの臭いを軽減することができます。

免疫力を高めるアルカリ食品

・梅干し
・お酢
・海藻類…

以上の食品はアルカリ食品と言って、皮脂の酸化や善玉菌の減少を防ぎ、免疫力を高める働きをします。

体内の免疫力が高く・善玉菌が増えることで、膣内の酸性バランスも正常に保たれあそこの臭いが軽減します。

腸内環境を改善してくれる食べ物

・ヨーグルト
・キムチ
・ごぼう
・アボカド
・サツマイモ…

以上の食べ物には食物繊維が非常に多く含まれており、腸内環境を整える働きをします。

腸内環境が乱れると、あそこの臭いや体臭が強くなります。
それは、腸内環境が乱れることで腸内にアンモニアが発生し、汗や尿などと一緒に排出されるため、あそこの臭いも臭くなりやすいからです。

普段から食物繊維を多く摂取し、腸内環境が正常に保つことであそこの嫌な臭いを軽減することができます。

まとめ

女性のあそこが臭いのは様々な原因がありますが…
食生活を見直すことで、臭いを軽減することができます。

タバコを控えるのはもちろん、普段から栄養バランスのよい食事を心がけ、あそこのクサい臭いを防いで女子力をアップしてみませんか