少女

あなたのアソコは、嫌な臭いしませんか?

真夏も過ぎたというのに、最近よく周りからデリケートゾーンに関する相談を受けることがあります…

まんこが痒かったり、急に臭いが強くなったりと、症状は様々でしたが、おそらく暑い季節が終わり・涼しくなって、やっと体がリラックスした証拠ではないかと思います。

以前にも、まんこの臭いの改善対策について紹介したことがありますが…
今回、改めてもう一度復習してみようと思いますので、少しでも参考になれば嬉しく思います(*’▽’)

毎日お風呂に入り、まんこを清潔にしてるはずなのに
通勤時やオフィス・デートなど、ふと立ち上がった時にまんこの臭いが気になります…

女性は清潔にしていても、膣内の環境が崩れると嫌な臭いやおりものが増えてきます…

膣内環境が崩れた、サインとは?

花びら

●最近、何となくまんこが痒い
ムズムズする
●実際性病(カンジダ症やトリコモナスなど)にかかったことがある
下着を下した時の、臭いが気になる
●モワッとした、おりものの酸っぱい臭い
おりものの量が、確実に増えた

などなど…
雑菌繁殖で普段の酸性が薄くなり、膣内の酸性バランスが大きく崩れたことで、これらの症状が出ると言われます。

他にも、
自分では気づいてなくても、彼氏が何となくクンニをしてくれなかったり・臭いを気にしたり・エッチ自体を避けたり
そう言った場合は、自分の身体の変化を疑うべきだと思います。

膣内環境を、正常に戻す

葉っぱ

膣内環境を改善するためには、
まず、膣の自浄作用について知っておく必要があります。

膣の、自浄作用とは?

女性の膣内には
デーデルライン桿菌(かんきん)と呼ばれる、体に良い菌があり、膣内で乳酸を作りだす働きをしています。

作り出された乳酸菌は、
膣内に侵入した雑菌や病原菌を撃退して、膣を守ってくれるのですが、これを膣の自浄作用と言います。
pH値3.8~4.5の酸度を保ちながら、雑菌の繁殖や感染を防いでくれます。

しかし、
石けんを使っての洗いすぎや、ムレ・下着・不衛生・ストレス・食事バランス…など、

様々な原因で膣内の酸性バランスが崩れると、自浄作用ができなくなり感染症を起こします。

膣の自浄作用を、改善するには?

膣の自浄作用が正常に行われなくなったのは、乳酸菌が少なくなってるからです。
この乳酸菌を増やすために、おススメなのが膣内洗浄用のインクリアです。

インクリアとは?

乳酸菌配合の弱酸性ジェルで、崩れた膣内環境を整えてくれる膣内専用の洗浄液です。

普段、私達が使ってるウォッシュレットやビデで膣を洗浄すると、体に良い乳酸菌まで洗い流すことが多いそうです…
その点、インクリアは膣内の乳酸菌バランスを崩さないで、膣内の酸性バランスを整えてくれます。

★インクリアの、メリット!
1.膣内のPHバランスを保ってくれる♪
2.雑菌や病原菌の侵入・繁殖・感染を防いでくれる♪
3.膣の自浄作用をサポートしてくれる♪
4.産婦人科との共同開発で、安心して使える♪
5.1回分の使い捨てタイプで、衛生的♪
6.コンパクトで持ち歩きやすく、気になった時はどこでも使える♪